« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

ウメ子

ウメ子

ウメ子

ウメ子

ウメ子

ウメ子

ウメ子

小田原城 に行ってきました。

昨年のスタンプラリー以来、お城巡りが好きになり、とまらないと言ったら大げさだけど。

歴史は苦手。だから何回行っても教わっても覚えられない。だけどなぜかお城に惹かれてしまうからやめられなくて。

だって単純に昔の人の努力の集大成であるあの建物=お城。もうそれだけですごくないですか?
人がなせる業じゃないよ!といつも思ってしまうけど、たくさんの人の努力や協力など、たくさんの力が造り上げたんだよね。その時眺めているお城が例え復元であっても、昔に思いを馳せ、同じ気持ちで眺めているのです。

そして今回もなんの予備知識もなく小田原城へ。

そしてそこに がいてびっくり~\(◎o◎)/!だったのでした。
お城なみに惹かれてしまいました。
象の名前は ウメ子 さん。
還暦のお祝いも過ぎたそうですが、とっても元気!
人気者だそうです。
私、象が大好きなんです。

私が行った時は象舍の中にいたのだけど、名前を呼び続けたら出てきました。
長い鼻をふりふりしてファンサービスもばっちりみたいです。
しばらくみんなの側までやってきてポーズを取っていたウメ子が、炎天下のコンクリートの上に鼻を乗せてぼ〜っとし始めました。あれ?どうしたの?ウメ子。
しばらくすると飼育員さんがやってきて、ウメ子にホースでお水をかけ始めました。かなり強い水流でしたが、ウメ子はお口でナイスキャッチ!長いこと見せてくれました。みんな大喜び♪

その後も鼻で器用に葉っぱを巻いて振り回して見せたりしていましたが、なんと私の隣の男性は、鼻で体に水をかけていたウメ子にスキを見て近づかれ、その水を頭からかけられてしまいました。足早に逃げる(?)ウメ子に大爆笑が沸き起こりました。

でもそれだけじゃないんです。
ウメ子が鼻に水を含んである女性に近付いたら、その女性は顔をひきつらせて本気で怖がったのです。
するとウメ子は女性からは見えないようにそっと鼻の水を捨てたのです。

はっとしました。
象は頭がいいと言うけれど、ほんとです!間違いないです。
人間に教わって芸を身につけるからお利口じゃなく、仕事を手伝うからお利口じゃなく、日常からウメ子は人間の気持ちを自分で学んだお利口なんだなぁ。
もしかして人間以上に人の心がわかるのかもね。
長い間、ただただ私達に見られていたのではなく、ウメ子が私達人間を見てきたんだなぁ。
そう思う出来事でした。

象のウメ子は私が生まれるずっと前からずっとこのお城を、訪れる人を、桜や紅葉をいくつも見送っているんだね。同じ仲間の象や、ふるさとをずっと見ていないんだよね。

少し感慨深くなったりした私でした。

日本にはウメ子より年上の象が神戸に、同じ位の歳の象がもう一頭いるそうです。いつか他の象にも会いたいな。
また会いたいから、いつまでも元気でみんなに愛想を振りまいていて欲しいと願うみっきにゃんでした。
そうそう!ここには ニホンザル もいましたよ。
仲良く毛づくろいしたり、追いかけっこしてました。
もちろんお城にも癒されました。

お城に、おサルに、そしてウメ子に会いに行ってみませんか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »