« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月25日 (土)

隣のおじさん

実家のお隣のおじさんが亡くなった。朝、母からかなり動揺した声で電話があった。

まだ64歳。10年くらい病気と闘っていた。

私が子供で、おじさんがまだまだ若くて元気だった頃、よくたばこを吸っているのを見た。

そのたばこはおじさんの名前と一文字同じで、おじさんは

「俺のたばこだ。」

言って、そのたばこが強いたばこであると知りつつも、浮気せずそればかり吸っていた。

そのたばこがおじさんを病気の入口に立たせたのかもしれないらしい。

後におじさんはたばこを吸っていたことを後悔したようだと母から聞いたことがある。

おじさんはカッコよくて背が高くて優しくて、いつもにこにこして私にも声を掛けてくれた。

こんなおじさんがお父さんなんていいなぁ・・・と子供心に隣の子がうらやましかった。

おじさんを嫌う人はいなかった。

ここ何年かのおじさんは鼻に管を差していた。

肩からショルダーバッグのようなものをいつも掛けていた。

その管はそこに繋がっていた。酸素が手放せなかったようだ。

元気な時は車を運転し、嬉しそうに孫を送り迎えしていた。

私は目が合えば挨拶したりしていたが、あまり声はかけなかった。

痩せて顔つきも変わった、でも今まで通りにこにこしたおじさんを前にどうしたらいいか

わからなかった。あいさつの後の言葉がみつからなかったから。

おじさんも(堂々としていたが)あまり見られたくないかもしれないし。

私のどうしてよいかわからない気持ちはおじさんには見透かされていたかもしれない。

母にとってのおじさんは心の支えだったようだ。さみしくなっちゃたと母が言った。

昔から住んでいた人がいなくなっても、おじさんだけは母を気にかけてくれていた。

慌てて実家に帰り、母と一緒にお隣りへ行った。

おじさんは昨日の夕方亡くなり、昨日のうちに家に帰ってきたそうだ。

母はおじさんを見て泣き崩れてしまった。

いつもは気が強く、気難しいところを見せていたおばさんだが、

涙を見せつつも気丈に母を迎えてくれた。

おじさんの顔は優しく、うっすらと微笑んでいるようで、まるでうたた寝をしているかの   

ようだった。涙が出るのに実感がわかず、頭の中が何だか白く、冷静な私。

3日くらい前に救急車で運ばれた時、母は元気そうに救急車に乗る様子を見かけた

らしく、その時声をかけなかったのを後悔していた。

最近は何度も入退院を繰り返していたから、誰もが10日もすればまた帰ってくるだろう

と思っていたらしい。だからなおさらなんだろう。おばさんさえもそう思っていたから。

おばさんの話によると、元気な頃のおじさんは家では私たちの知るおじさん像とは少し

違っていたようだった。

昔はお礼とか感謝を口にする人じゃなかったのに、ここ2~3か月は何かするとすぐに

「ありがとう。」

とおじさんは言ったらしい。おばさんが仕事だとすこしさみしそうな感じで、休みだと 

「そうか、そうか、ゆ~っくり休んでくれや。」

と言ってくれたと。

お風呂の世話とか、シャワーで体や頭を洗ってあげると

「ありがとう。気持ちよくなったよ。」

と言ったらしい。そんなおじさんにおばさんは

「夫婦なんだからそんなこと言わないでいいんだよ。」

と言っていたらしい。

元気な頃は家では口も重く、頑固な面もあったおじさんの話を聞いて少しほっとした。

家の外でのおじさんはしょっちゅうお礼や感謝を口にしていた気がするから。

家にいる時まで私の理想のおじさん像だったら、毎日疲れてしまっていただろう。

昨日なのだろうか、先生が身近な方たちを呼んでくださいと言って、おじさんのもとに

人が集まった時、おじさんはみんなに

「笑って!笑って!」

と何度も言っていたそうだ。

そうやっていつも人に気を使ってばかりの人だったとおばさん。

こんな人だからたばこが手放せなかったのだろうか。一概には言えないけれど。

そして最後におばさんの胸ぐらをぐいっと引っ張って自分に近づけると

「ありがとう。いろいろと悪かったねぇ・・・」

そう言って、眠るようにおじさんは逝ってしまったという。

おばさんからの「ありがとう。」の言葉は、おじさんが逝った後だったそうだ。

先生曰く、おじさんは、24時間100メートル走をずっと走り続けているのと同じ状態

だったとか。

「それを10年・・・だから、やっと楽になったんだよ、ずっと大変だったんだから・・・

やっとゆっくりできるんだよ。」

と泣くおばさんと母の横で、泣きながらやはりそれでも実感がわかない私がいた。

話を聞けば聞くほど涙が止まらないのに、なぜだろう。

このシチュエーションに条件反射で涙が出るくせに、実は悲しくない私なのか・・・?

おじさんの人柄にふれ、泣いているのに、亡くなったことに対しての私の感情が

今ここにないような気がする。

手を合わせても、おじさんの顔を見つめても・・・だ。

おばさんにもおじさんにも何も声をかけることができない。言葉が浮かばない。

声をかけたとしても、取ってつけたような言葉しか出ないような気がする。

ならば言いたくはない。心からの言葉をかけたいけれど、見つけられないまま、

まっ白な頭のまま、母と帰ってきた。

自分が嫌になる。ひがみに聞こえるかもしれないけど、こんな時、(どんな時でも)うまい

言葉が出て、人望を勝ち得る人がいる。そんな人の横で損したような気分の私がいる。

すべてじゃないけど、心からの言葉じゃなかったりする人もいる。

でも言わない(言えない)よりは表面上はいいに決まっていると思ってしまう。

もちろん自然に素直な言葉が出ればそれが一番いいけど。経験不足とでもいうのか?

私だって同じ気持ちなのに…と思うこともある。

でも、心にない言葉を口にする自分を客観的に見て、嫌悪している自分がいる。

世渡り下手だ・・・人間関係もいつも下手だ・・・おじさんを見習った方がいいのかな?

でもおじさんを前に取ってつけたような心からではない言葉なんて言いたくない。

「おじさん、こんなでごめんね。」

今、やっとこの言葉が見つかった。少しの間、嫌な自分がいた。

午後になるとあの雨が嘘だったかのように雲が切れ、強い日差しが降りつけてきた。

おじさんはこんなところまで気を使うのかなぁと思ったりする。

明日のお通夜、明後日の出棺や告別式までもおじさんは気を使うのだろうか。

母とおばさんはこれからも助け合っていこうとか、お互い体は大事にしようと話していた。

おじさん、きっと大丈夫だと私は思う。

気づいたらもう夕方になっていた。ずいぶん長い間こうして過ごしていたんだな。

今また雨が降ってきた。そうだよ、おじさん。雨でもいいよ。

それからおじさん、明日また会いに行きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

すごいでしょ〜(@_@)

200907080014571_2 20090708001734_21_2 200907101956361_2 200907102006451_2 200907102022451_2

うわさのどら焼きです。会社の近くにある和菓子やさんのどら焼き。
1個 178円。安いと思うか高いと思うか・・・
見てください(@_@)このあんこの量!普通のどら焼きの2倍〜3倍はあるんじゃないかな?

普通のどら焼きとは大きさが違い、少し小さいのですが、あんこがすごすぎる( ̄▽ ̄)

「見たら(相手は)驚いて、また欲しがるから、友達に会うときにお土産に持って行く。」

と先輩。私もこのブログのため、母や姉にあげるために買いました。

比較しようと思って、あえて普通サイズのどら焼きも買ってみました。

どうですか?全然違うでしょ?どら焼きってお店によっていろいろかもしれないけど、このどら焼きの迫力はすごいよね。こんなにはみだしているからか、あんこはかためというか、水分が少ないというか・・・型崩れしないためでしょうか・・・。

では、食べ比べてみましょ~

普通のどら焼きはあんこはとても甘く、しっとりしています。・・・うん、おいしい♪でも、この大きさだからこの甘さでもいいんだけど。

ではうわさのどら焼きをいただきます♪果たして食べきれるか・・・

ん??この大量のあんこ。しつこく感じないよう、甘さは控えめです。おいしい!食べにくいけど、(横からくずれちゃったりするけど)いけるね・・・でも途中からどら焼きじゃなくてあんこの塊にかぶりついている気分になるけれど。

そういえば上司が、

「これ5個買って、それぞれあんこを半分にして、そのあんこでおしるこが作れるぞ。」

と言ってました。あると思います!

ふぁ~(^O^)ふたつも一気に食べたからお腹いっぱい!しかもただいま夕食後。

こんなことばかりしてるから、最近制服がキツイんだなぁ。きっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

ハーブがぁ〜(T_T)

ハーブがぁ〜(T_T)
ハーブがぁ〜(T_T)
ハーブがぁ〜(T_T)
ハーブがぁ〜(T_T)

大変です!

あのいきいきつやつやハーブが、なんとつやを無くし、微妙に葉が黒ずみ、枯れてきています。

帰宅後、お水をあげようとベランダに出たら、風に飛ばされ、後少しで一階駐車場へと落下する寸前だった我がハーブ。(私の部屋は二階なのです)

もう少し帰りが遅かったら・・・危なかった。

なんてことが2日続けて起こったので、こりゃ置場所を変えないといかん!と鉢を起こしたら、いつもの香りが、つやがない!しおれて葉も黒ずみ、元気がないのです。

ショックだぁ。
何がいけないんだろう?
もう寿命なの・・・(>_<)

わからないので友達に電話したら一発解決!
犯人はこの私でした。

霧吹きで葉に水をかけたのが原因でした。
よかれと思ったのだけど・・・
友達いわく

「根っこは土や水から栄養を得るから水は必要だけど、葉っぱは光合成と、根っこからの栄養で育つから水はいらないんだよ。学校で習ったでしょう?」

とのこと。

いやぁそこまで考えてなかった。
葉に光る水滴がきれいで、もっとツヤツヤになるように・・・と願いつつ、ベランダでハーブを育てる女、知識もないのにそんな自分に酔っていた私。

学校で習ったっけ???覚えてないなぁ。

な〜んにも知らないままここまで育てて(?)きましたが、これからはまた元気になってベランダに香りが漂うバジルに戻すべく気をつけていかないと。

それから、風に弱い我がバジル。周囲を3つのプランターでがっちり囲んでガードしてあげました。
これでもう飛ばされることはないでしょう。

ちなみにこのプランターには “セージ” と “タイム” と “カモミール” の種を蒔きました・・・が今のところ何も変化はなし。

芽がでるかなあ?
ところで種にも消費期限(?)があるのだろうか?
種を手に入れてから時間経ってるからなぁ。
だって種だって生きているんだもんね。
さて、今日からはバジルの復活をサポートしていかなくちゃ。

ベランダのハーブ達。諦めないで楽しみにしていこうっと!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

行ってきましたぁ♪

200907040934591_2 200907040932001_2 200907040932531 200907040933281 200907040934141

                             

               

200907041502551

秋山雅史(あきやままさふみ)さんのコンサート〜一期一会〜に行ってきました。

秋山雅史さんと言えば、“千の風になって”を歌っている人と言えば知らない人はいないのではないかな?

コンサートにやってくるとは聞いてはいたけれど、行く予定はなかったのです。           が、当日になるとなぜか行かないとすごく後悔するんじゃないかと思い出し、その気持ちが治まらない。じゃ行こうか!と仕事を無理矢理終わらせ、車に飛び乗り、静岡市民文化会館へ向かいました。    何とか当日券を買い、ギリギリ会場に入りました。
ひとりでコンサートへ行くのは何年ぶりだろう。
感動すると誰かと分かち合いたいから、本当は誰かと行きたいんだけどな。

当日券ゆえに席は1列目29列とかなり後ろの端だけど、まぁいいか。歌が聞ければね。
お客さんは女性が多く、年齢層はやや高いかな?でもかなりたくさんいます。
女性のグループや、ご夫婦もいます。いいよね。

プログラムに目を通すと、お目当ての“千の風になって”はラストを飾るようです。
でも他にも知ってる歌もあるし、大丈夫だよね?何だか楽しみだ♪

ピアノの伴奏にのって登場した秋川さんは、遠目ですがテレビでみたままの方でした。
一曲目から歌声には圧倒されましたが、歌と歌の間にあるトークはなかなかお茶目で面白い!話し声は柔らかくソフトでとても素敵です。
話す度に客席からは拍手や笑いがこぼれ、みんな楽しんでいる感じです。

秋川さん曰く、秋川さんのコンサートへ行くと10歳若返るそうです。ほんとか????

知らない歌も新鮮に心に響き、トークに惹きつけられて楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよラストの曲“千の風になって”を歌う瞬間がやってきました。
秋川さんは、この歌を歌うことで、みなさんが優しい気持ちになってくれたらと私たちに語りかけ、歌いだしました。

・・・うっ!涙が出そう・・・うまく表現できないけど、胸の奥に響くような、じわ~っと沁み入るような感じです。

眼を閉じて手を合わせて聴いている人もいます。いろんな思いをこの歌に重ねているのかなぁ・・・何もない私は歌詞を噛みしめながら聴いていたのですが、そんな私もある歌詞の部分でぽろり・・・となりました。からだの内側が温まり、(特にこの頃)ピリピリイライラしていた私がゆっくりほぐれていきました。 

秋川さんはこれでもかとばかりに力強く、やわらかく優しく歌い切りました。          深く頭を下げる姿に割れんばかりの拍手が止まらないのでした。胸に手を当て、笑顔で一礼して舞台を去っていく秋川さん。

ここで帰る人も多いのですが、ほとんどの人がアンコールの拍手を辞めませんでした。私も思わず立ち上がって拍手していました。

秋川さんは戻ってきてくれ、ちょこっとお話ししてくれました。                 それによると秋川さんは自称(?)日本一ファンの年齢層が広い男とか・・・?       そこで今日のお客さんの年齢層を調べることになりました。この日、最年少は6歳の女の子、最年長は94歳の女性!その差88歳でした。すごいことですよね?          今までに6歳の女の子から96歳の方という記録があったそうです。

アンコールの曲は“翼をください”でした。このタイトルを聞いただけで、もうこの後私がどれだけ感動してしまうのかわかっちゃいました。                         心をこめて歌いますと言って秋川さんは歌いだしました。力強く、やわらかく優しく・・・

口パクで一緒に歌っていた私はうるうるしながら本当に来てよかったなと思っていました。はじめは“千の風になって”しか知らないから、それだけでも生で聴けたらいいなと思っていましたが、フルコースディナーをいただいた後のように満たされた私。今日ここで初めて聴いて感動した歌もあり、もう大収穫です。

まるでどしゃ降りの雨のような拍手を浴びながら秋川さんはずっと頭を下げていました。

そんな姿に感動したお客さんが、ひとりふたりと立ち上がり、拍手もどんどん強くなっていきました。頭を上げ、笑顔でみんなに手を振る秋川さんに気付けとばかりに(無理!)私も立ち上がってました♪                                         そんな中をあわただしく帰る人もたくさんいましたが、秋川さんはその方たちを見送ろうとしているのかと思うくらい、いつまでも手を振り続けてくれました。

こりゃ女性は好きになるでしょう。あんな歌聞かされて、こんなに優しくされたらさぁ・・・  な~んてうるうるしているくせに頭ではそんなことを考えながら秋山さんが去るまで私は帰らないぞと心に決め、手なんか振っちゃったりして(*^^)v

秋川さんが舞台を去ったので、さて帰ろうかと思ったら、隣に座っていた女性が私に

「今日はどうもありがとうございました。」

とあいさつされたのでびっくりしました。

「こちらこそありがとうございました。素敵でしたね、今感動しています♪」

と答える私。同じ時間を共有できてありがとうって言ってくれているのですよね。思いがけないひとことにまた何かがじわっとこみ上げる気がしました。

“胸騒ぎ”のような感情で行ったコンサート、行かなかったらきっと後悔していました。   間違いなしの100%満足な夜になりました。

ところで・・・私、10歳若返ったのかな・・・???効果はまだみたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

我が家のバジル

我が家のバジル
我が家のバジル
我が家のバジル
我が家のバジル

この前ほとんど摘み取ったのに、もうこんななっちゃったうちのバジルbud

そろそろ摘み取って何かに使いたいのだけど、私のバジル嫌いcoldsweats01を克服しないことには始まらない。

う〜ん、どげんかせんといかんですねぇbearing

みてみて!バジルの葉っぱって、若葉はなんだか光ってshine見える。
ツヤツヤなんだね。
触ると指先からほんのり香りがしてくる、この香りが好きheart04

さて、ワンパターンと言われるを覚悟しつつ、これからまたバジルソースを作りますか♪

花が咲くまで頑張って育ててみるってのもありだけど、やっぱり苦手なバジルを克服した自分を想像し、食い気に忠実な私なのでした(^O^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »