« 叔父さん | トップページ | 血管年齢 »

2016年10月 9日 (日)

ふたりの桃源郷

とてもとても素敵なドキュメンタリー映画を観ました。


もう何年も前、眠れない夜に何気なくテレビを観ていたら・・・
そのまま釘付けになりました。
もう一度観たいと思っていたら、何年越しかの願いが叶い
映画となって再会できました。


私が生きている間に失ってきたもの、
温かさや優しさや思いやり、自然に包まれる厳しさと安らぎ・・・
他に何もないから、何もいらないから深まっていく絆。


映画を観ていない方にネタバレとならないように内容には触れませんが、
私は帰り道、涙が止まらず、
「思い出し泣き」
をしながら帰りました。


なんだか切なくて、うらやましくて、人間として生まれて幸せだなって
思ったりして・・・


毎日思い出しては、色々な角度から、色々な立場の人になって考えたり
何日もこの映画を噛みしめています。

そうすると不思議な事に映画を観た時の素直な感想だけではない
色々な気持ちや情景が浮かんできます。


この秋、そんな映画と巡り合えて良かったです。


上映している場所はもう少ないかと思います。
「ふたりの桃源郷」
少しでも多くの方に出会って欲しい映画です。

|

« 叔父さん | トップページ | 血管年齢 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

みっきにゃんさん、ご無沙汰しています。「ふたりの桃源
郷」は山口県のローカル放送局・山口放送が開局60周年記
念事業として製作した長編ドキュメンタリー映画だそうですね。
関係ありませんが、山口県は私の父親が育ったところです。(笑)

みっきにゃんさんがこの映画を見て「映画を観た時の素直
な感想だけではない色々な気持ちや情景が浮かんできま
す。」と書かれた言葉、もし制作した側の人が聞いたら、
これほど嬉しい感想はないのではないかと思います。
みっきにゃんさんの感性に改めて感心しました。(*^^)v

投稿: kazu | 2016年10月21日 (金) 20時06分

こんばんは。

本当にいい映画でした。
この映画に出会わなかったら、私の人生はもっと
狭く閉鎖的な考え方の中で、凝り固まっていたと思います。

広島県では上映しているとか・・・(確かな情報ではありませんが・・・)
機会があったらぜひご覧になってください。

奥様とか・・・大切な方とご覧になるのを
強く強くおすすめいたします。

絶対に損はしない得ることの多い映画です。

投稿: みっきにゃん | 2016年10月21日 (金) 20時31分

お久しぶりです。
人生の生き方と終焉にどう向き合うのか?

都会のほうが孤独に終焉を迎えやすい環境になっています。

仲良く暮らすことが難しい現代には、日本人の原点が、
こういう集落にある。というこを思い出させてくれますね!

投稿: 御垣内* | 2016年10月23日 (日) 08時04分

お久しぶりです。お元気でしたか?

御垣内さんはご覧になったでしょうか?

私がどうしてもこの映画に惹かれてしまうのは
そのままでいるのが難しい都会から離れて
そのままの自然の中に戻っても、自然も厳しくて
そこで一生懸命寄り添って生きることが
私達日本人が繰り返し重ねてきた歴史で

無意識にそれを求めている心がどうしても惹かれてしまうのかなと思いました。

あれ?自分でも訳が分からなくなってしまいましたが、
とにかく心をわしづかみにされたままの私です。
変なコメントですみません

投稿: みっきにゃん | 2016年10月23日 (日) 11時35分

こんばんは、通が勤片道2時間+実働11~12時時間労働の御垣内*です。この1年半ぐい・・

NNNドキュメントって夜中に今でもやっているTV番組があり、3~4年前たまたま観ましたので、コメントができました。

ただし、価値観がおいらとは相違していて途中で寝たのを覚えています。

ご家庭によって絆の感覚ってさまざまなんだな~とむしろ、そっちのほうに意識があった気がします。

投稿: 御垣内* | 2016年10月24日 (月) 00時48分

こんにちは

ものすごいハードな環境ですが、お身体は大丈夫ですか?
1日は24時間しかないので、睡眠とご飯はしっかりととってくださいね。
そんな中、コメントありがとうございますhappy01

確かに感じ方はいろいろですよね。

一緒に行った友人は私とは全く違った反応でした。

家族の絆って私は考えたこともないので、多分そこには
興味がわかなかったのかもしれません・・・
自分とは切り離して観ていたのだと思います。

ただ・・・思い出し泣きしているうちに、映画館で観たばかりの時とのイメージとは変わってきています。

投稿: みっきにゃん | 2016年10月24日 (月) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508597/64323004

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの桃源郷:

« 叔父さん | トップページ | 血管年齢 »