ニュース

2009年8月13日 (木)

地震です!

地震です!

こんなの初めてでした。

8月11日午前 5時 7分頃、突然のドスンという衝撃で目が覚めました。

一瞬何か分からなかったのですが、「・・・きたきたきたぁ・・・!」

ドスンと来た衝撃はやがてどんどん大きな横揺れとなり、家の中がうまく言い表せないような音に包まれました。物が落ちる(飛ぶ?)音や、空気がうなるような音、地面から響く低く鈍い音・・・あとはあまり覚えていません。私の文章ではその瞬間をリアルに伝えられず、悔しい限りです。ただただすごいのです。どうにもできないのです。

立ち上がれず、しゃがんだまま、頭を両手で隠してぎゅっと眼を閉じていました。

すごく長い時間が経ったような気がしましたが、30秒くらいのことだったようです。

すぐに母に電話しました。                                     母の部屋はタンスや棚に囲まれた狭い部屋で、かねてから地震対策をしようと言っていたのに、言うことを聞かない母は何の対策もしていなかったので、私はとっさにタンスの下敷きになっている母を想像してしまったのです・・・でも母は無事でした。いつもこの時間には起きていて、この日も台所にいたらしく、必死にテーブルにつかまっていたとか・・・テーブルの下に入らないとだめじゃん!と言いたいところなのですが、いざとなると何もできないものです。

次に姉の家に電話しました。                                      姉の家はかなり古く、よく姉は母と「東海地震が来たらうちはだめだね、助からないよ。」と言っていたのでやはり心配・・・しかし姉の家には電話がつながりません。         きっと全国でたくさんの人がいっせいに電話を使い始めたのでしょう。           家の電話も携帯電話もつながりません。これは困った!!心配だ。             メールは送れたので急いで送り、あとは思いつくだけの一人暮らしの知人にメールしながらニュースを見ていました。

私の住む町は震度6弱でした。これが、この衝撃が震度6弱なのか・・・

揺れている最中、

「これが東海地震?だったらこれに耐えられればもう東海地震は来ないんだよね?もう心配しなくていいし、私、助かるんだよね?。」

などと考えていて、揺れを怖いと思いながらも少しほっとしていました。

東海地震はもう何年も前から噂されていて、早くてこの1年とか、10年以内に必ず来るとか、はたまたもう来ないんじゃないのか等いろいろ言われていました。           危機感を持ってちゃんと対応(家具を固定するとか、非常食、水などの準備などなど)している人も多いのですが、私のように噂されてからが長すぎて、地震に対して緊張感がなくなり、半信半疑になってしまって何の準備もしていなかった人も多いのではないかな。

1時間ほどで姉やメールした知人全員から返信が来てホッとしましたが、この後しばらく電話はつながらず、またこんなことがあったらどうしよう…今度はメールも通じなくなったらどうしよう・・・考えていたら一人暮らしの私は少しさみしく不安になりました。

さて・・・・と、自分の部屋をチェックしてみました。                        実際あの30秒ほどの時間、私は何も見ていなかったのです。

ベットの上にはカレンダーが落ちてきました。でも留めていた画鋲が見当たらず、焦ったぁ・・・他にもタンスが全開!その横にある棚からは国語辞典が落ちていました。 当たったらかなり痛い・・・離れたことろに落ちていたから、吹っ飛んだんでしょう。        他にも押入れの中にしまっていたCDが飛び出していたり、一番びっくりしたのは大きな姿見が倒れていたこと。幸い割れていなかったのですが、こんな大きくて重い鏡があっさりと倒されているなんて。

隣の部屋ではプリンターやコンピューター関係のものがことどこく落下、ハンディクリーナーやリモコンは吹っ飛び、棚の上に置いてあったハンガーがテーブルの上に散乱、友達からもらったお気に入りの貯金箱や陶器の置物などは割れてしまい、ショックでした(T_T)

台所はペットボトルのお茶、缶やビンが散乱、食器棚からは食器が飛び出し、玄関まで飛ばされたマグカップ、棚の中で割れたグラス、電子レンジは5センチくらい位置がずれ、もう少しで落下するところでした。

隣の洗濯機まわりでは洗剤すべてが棚から落ちて、粉末洗剤は床にぶちまけられていて、その上になぜかカルピスのビンが突っ込むように落下していました・・・???

トイレではガラス細工の白鳥の首が折れて便器の中に落ちてしまっていたり、お風呂では入浴剤がぶちまかれていてもう・・・何から手をつけたらいいのかわからない・・・

玄関から部屋を見ると、まさしく泥棒に入られたような私の部屋。              今日はたまたまお休みを取っていたけれど、一日中片づけかよ~って気分。

何年か前に体験した震度5強の地震の時は、白いセーターにお醤油が直撃・・・なんてことがありましたが、さすが今回は震度6弱だもの・・・前回よりすごいことになってる・・・

廊下に出たら、壁に取り付けられていたはずの消火器がごろ~んと横たわっていました。怖い!やはりあの30秒間の間にすごいことが起こってたんだよね、こんな重いものが吹っ飛んでいるんだもの。

写真は家のすぐ近所のビルです。                                外壁が落ちてしまっています。残った場所にもはっきり亀裂が見えます。車で見えないのが残念ですが、細い道路には外壁が散らばり、少しの間通行できなくなっていました。
これには少しぞっとしました。
この後雨も降り出したり、余震もあったりと何となく嫌な感じでしたが、少しずつ“日常”に戻っていきました。(この後晴れ上がり、35度の猛暑に・・・)

幸い私の住む町は断水や停電もありませんでしたが、テレビはどの局も地震の様子を繰り返し報道し、大変な状況を目の当たりにしました。道路が・・・山が・・・駿府公園の石垣が・・・改めて人間の力ではどうにもならない自然の力を見せつけられました。

果たしてこの地震は東海地震なのか・・・?答えは“違う”とのことです。

想定される東海地震はこの180倍とか・・・全く想像できません。               2倍と言われてもわからないくらいなのに。きっと太刀打ちできないでしょう・・・

私の“東海地震でありますように”という願いはもろくも崩れました。やっぱりな・・・震度6弱の地震であんなに騒ぐわけがないもんな。

翌朝、地震が起きた時間と同じ時間に目が覚めました。もちろん地震は起こりませんでしたが何かをしようと思った時、(たとえばお風呂とか)もし今地震が来たら・・・と考えてしまい、今でも少し不安になります。

この地震で亡くなった方があると聞きました。すぐ近いところに住んでいたようなのですが、とても残念です。

自然の力にはかなわない!とは思うのですが、できることはやっておかないと。         まずは母の部屋の家具の固定から。防災グッズ、売れまくっちゃって購入困難かな?

今回のことで地震に対して少し危機感を強めていかないといけないなと反省しつつ、最近はいろいろな災害が日本中に襲いかかり、たくさんの被害が出ています。自然が私たちに何かを警告しているような気がします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

私の町にコンビニがやってきた!

私の町にコンビニがやってきた!
私の町にコンビニがやってきた!
私の町にコンビニがやってきた!

今日も朝から雨。
でもワクワクしている私。
なぜなら待望のコンビニが私のアパートのすぐ近くにできたからなんです。
本日朝7時オープン!
もう嬉しくて朝ごはんを買いに行きました。
お店は満員!小さい駐車場もいっぱい。

入口では店員さんの元気な

「おはようございます!」

「いらっしゃいませ!」

の声に朝からすご〜くいい気分♪
やっぱり挨拶のパワーってすごい!今日はいい1日になるような気がしたもん!

今は雨も止み、お客さんがいっぱいいるんじゃないかなぁ?
仕事から帰ったらまた行ってみよう。
この3日間はお弁当やパンなどが安いから、多分私、通うね。間違いないわ!

ここにコンビニができるとわかってからの私は、お店から感謝されてもおかしくないんじゃない?と言いたくなる位みんなに宣伝したんだよ!

「みんな来てね。そうしないとつぶれちゃったら困るから。お願い!」

って会う人にそう言ってたから、特に母や姉はしつこくてうんざりだったと思うけどね、でもコンビニができるの、ずっと待っていたんだから。
今まではわざわざ車で行ってたからね。
これからは部屋から2分位でいけちゃう!

さて、今夜のご飯もコンビニで買おうっと。
おむすびにパン、ヨーグルト・・・別腹のデザートも買ってにんまりの週末ですo(^-^)o

写真は夜、お客さんが順調に来てるかな?と偵察に行ったときに撮りました。よしよし!( ´艸`)プププ

| | コメント (10) | トラックバック (0)