お芝居・舞台

2016年3月 2日 (水)

プロ意識

今日は生まれて初めて落語を聴いてきました。

鑑賞してきたって言うのかな?


特別好きって訳ではないけれど、笑点は時々観るし。そのくらいなんだけど。


なんだか思い立って、チケットを買ってひとりで出かけました。

小学校の頃、地元出身の落語家の方が来て、体育館で落語を聴いたのだけど、
なんの行事だったっけ?
あ・・・だから初めてじゃないけど、自分の意志で初めての落語ってことで・・・




さすが、初心者の私も思わず笑ってしまう。


満員のホール、笑いが止まらない。

私も手を叩きながら大笑いしていた。



間の休憩が長いのは、演者とお客の年齢が高いからかな?



後半の緞帳があがると、誰もが知っている高齢の落語家さんが既に座って
お辞儀をしていた。
他の方は歩いて登場したのだけど。

体調を崩し、昨年は入退院を繰り返していたとのことで、舞台袖から中央の座布団まで
歩くと45分位かかりますから・・・とみんなを笑わせる。

でも、そんな様子を微塵にも見せず、身振り手振りも大きく、表情も大きくて。
なんだか感動した。すごい!二階席の私にも充分伝わってきた。


おはなしが終わるとすぐに緞帳がおりた。

そうか・・・袖にさがる様を見せないようにしているんだな。


次の落語家さんが、私たちに緞帳の向こう側の様子を教えてくれた。
見せないと、見たくなるでしょ?と言って見せない努力を全部ばらしちゃう(笑)


歩くのが大変なその落語家さんは、車いすで舞台まで来て、中央にある座布団に座り、
そこで酸素吸入するらしい。(そのことを“バクバク”と仲間内では言うらしい)
呼吸が整ったら袖に向かって合図を送り、その合図で緞帳があがるとか・・・
はなしが終わって緞帳がさがると、車いすが来て、ぐったりした落語家さんはそのまま
それに乗り、楽屋に戻るそうだ。

歩きずらいと自らも話していたので、予想はついていたけれど、
本当はもっと頑張って舞台にあがっていることを知り、胸が熱くなる私。

高齢なのに、新幹線移動して全国をまわっている。
それだけでもすごいと思っていたのに。


良かった・・・突然思い立っての落語だったけど、本当によかった。
面白いだけじゃない。なんだろう・・・まだまだ入口に立ったばかりでうまく言えない。

もちろん他の落語家さんも面白かった。
でも、落語だけじゃないものをもらったような気がする。
帰ってきたばかりで、まだちょっと興奮しているから、上手く言えないけど。

私が生まれた時、この方たちはもうプロだった・・・それだけでもすごい。


ネタ(この言い方は正しいかな?)も意外と新鮮で、
ちょこちょこニュースで見たようなことも織り込まれていて、若い人でも楽しめる。
現に子供や若いカップルもたくさん見かけた。


出かける前に何人かの友達に、ひとりで落語!ってメールしたら、みんな驚いていた。


でも、楽しかった!落語はいいな・・・すごくカッコ良くて、すごく輝いていた。
これから毎週笑点を観よう。簡単に落語ファンになっちゃった。


これからは今までとは違う、もうひとつ応援するような気持ちで落語を観るだろうな。


今夜は素敵な夜になりました。

ちょっとまとまりのないブログになってしまいました・・・






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

吉本新喜劇

吉本新喜劇

吉本新喜劇

吉本新喜劇

吉本新喜劇

行ってきました。
吉本新喜劇♪あまりいい写真じゃなくてごめんなさい<m(__)m>

静岡に住んでいるとこんな機会滅多にないから、ギリギリまでお財布と相談していたけど、え〜いとばかりに当日券を買いに走りました。ラッキーなことに8列めを確保しました。
そのためかよく見えたし、いつも見ているお笑い番組では見られない新喜劇ならではの笑いというか。新鮮でとても楽しかったです。

中山美保さんが見られなくて残念でしたが、NHKの生活笑百科でおなじみの若井みどりさんもとってもおもしろかったです。

願わくばみんなでコケる場面をもっとたくさん見たかったな。

何年も前のこと、友人と新喜劇見たさに大阪へ旅行に出かけたのですが、朝早くからの長蛇の列にびっくりしました。

スタッフの方の

「並んでもチケットが買える保証はないですよ。」

の言葉に泣く泣く断念。

やっと夢が叶いました。

おそば屋さんのセットの後ろには、通天閣やグリコの看板、くいだおれ人形などの絵が描かれ、まさに“ザ・大阪”といった感じでした。

ちなみに翌日は秋田公演。メンバーは少し変わるそうですが、それにしても大変ですね!

また静岡に来てくれたら絶対に行きたいけれど、なんだか大阪に行って大阪を堪能してみたくなってきちゃいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

今年の初笑い(^ ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

今年の初笑い(^<br />
 ○^)

THE NEWSPAPER って知ってますか?

ワイドショーやニュース番組などで歴代の首相や知事のマネをしている人達って言えばわかるかな?
彼らが静岡にやってくると聞きつけ、これは行くしかない!と思い、仕事をぽ〜んと放り出して出かけたのは1月15日のことでした。

小泉さん登場からスタートして休憩なしでラストまで笑いっぱなし。もうぐったりでした。

写真はチラシや新聞記事なので写りは悪いけど、小泉さん、阿部さん、福田さん、麻生さん、オバマ大統領です。

他にも民主党の方々の会談。小沢さん、鳩山さん、菅さんが今人気爆発「羞恥心」ならず「衆議院」として華麗なダンスと歌を披露。替え歌も完璧でした。

他にも石原都知事、橋下府知事、東国原県知事が田原総一朗の司会で対談。

芸能人やスポーツ界もしっかり模写されています。

短い時間でスピーディーに同じ役者さんがいろいろな役をこなします。
きっと舞台裏はすごいことになってるんじゃないかなぁ?ちと気になりました。

それにしてもTHE  NEWSPAPER のすごいところは、いつまでも持ちネタをやるんじゃなく、恐らくギリギリまでニュースを見ているのか、今朝のニュースで見た内容がそのまま舞台で披露されることがよくあるそうなんです。

この日は朝青龍が5連勝したって舞台の朝青龍が言っていました。ついさっきって言ってましたもの。
(家に帰ってニュース番組で確認)

さすがです!だって NEWSPAPER だもん♪日々変わるニュースを持ちネタとして披露していたら古くなってしまうもんね。
タイムリーな話題をおもしろく伝えてくれるコント集団 THE NEWSPAPER

私の下手な説明よりも機会があったら是非みてください。
新年初笑いにピッタリな舞台をみて超満足の私。

絶対にオススメです♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

行ってきました

行ってきました
行ってきました

今回はずっと気になっていたイッセー尾形さんです。添付した写真とイラストはDMからです。

もう4月のことなんですがきっかけはただ
「なんかおもしろそう♪」だけでした。ひらめきに近いですね。
でもこれが当たる時は当たるんだなo(^-^)o

少し前に静岡公演があり、チケットはあっというまに完売(ToT)
もうこうなったら絶対に面白いに違いないし、無理なら何とかしたくなる(遊び限定ですけど)私は、絶対行くぞ!とひとり熱くなりました。
でも待っていても静岡ではなかなか来てはくれないだろうと、その後送られてくる DMをずっとチェックしてチャンスを狙っていました。

よし!と腰を上げたのは名古屋公演でした。
決めたら早い!ささっと申し込み、すぐ届いたチケットに感激!行けるんだぁとうるうる・・・

指折り数えて当日を待つ私。車で行くと決めたはいいけれど、駐車場の台数に限りありかぁ〜。
頑張って早く家を出るぞ!公演は14時から、開場は13時からだから、開場と共に中に入ろう、その前に近くのお店でご飯を食べよう。
こうやって考えてる時ってホントに楽しいo(^-^)o

そんなこんなで当日。会場に着いた私達は早すぎっ!まぁグッズとか見ながら待ってよう。
イッセーさんのグッズは個性的。
やたら自己主張バーン!って感じじゃなく、うまく言えませんが、“和”ってイメージだったり、自分で書いたのかなってイラストもあったり、イッセーさん自身をコミカルにイラストにしたものもあったけど、かわいい。きっと何かこだわりがある人なんだな。

もしも自分で絵を書いているのなら、また違った芸術家的な一面に触れた感じ。芸術家って感じの一面を。うん、確かにDMのイラスト、凄いもんな。
やはりただ者じゃない予感がしてくるなぁ。

そんなことしているうちにお客さんがたくさんやってきた。年齢はやや高めかな。女性4〜5人で来ていたり、ご夫婦だったり、もちろんひとりできている人も。みんな昔からのファンじゃないかな。
私みたいに面白そうだから来たよってノリではなく、「また来たよ!」
ってノリ。

なんて人間ウォッチャーしていたら始まりました。
茶色の制服を来たウェイトレスに扮したイッセーさんが登場。
いないだろ!こんなウェイトレスとか思いながらも、例えば昔ながらの古い喫茶店にこんな人いたんだよと言われたら変に納得!です^_^;
さすがだな。
そのうち私もお芝居に引き込まれていきました。

気難しいおじさんを演じているイッセーさんは、ややうざい(^_^;)
でもこんな人いたよなぁ、今もいたら面白いなぁと思えてくる。
そうか!最近いないけど、かつてはいたんじゃない?そんな人を演じているのですか?イッセーさん!

そして私がちょっぴりドキッ(◎o◎)としたのが、舞台の片隅で着替えるイッセーさんの“目”でした。
舞台の上で着替える方は他にもいますが、全くこちらの視線も気にせず、ひとりの空間にいるよう。
次の役の準備へと黙々と手際よく動く姿にすごくまじめな人柄を見た気がしました。
次の瞬間、アトムおじさんになったとしても・・・。
ヤバい!また好きになりそう。

お芝居が終わり、最後に挨拶しているイッセーさんは、私の勝手な思い込みどおりのとても素朴でシャイな飾らない人でした。

また会いに行くぞ!お金貯めなくちゃ♪
ひらめきは見事当たりました。やったね(^O^)
お腹いっぱい大満足の1日でした〜o(^-^)o

毎度好き勝手にいろいろ書き込んでます。
ごめんクサイm(__)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

またまた行ってきましたぁ

またまた行ってきましたぁ
またまた行ってきましたぁ
またまた行ってきましたぁ

今回もまた大好きなお芝居を観に行ってきました。
場所は静岡県焼津市にある、焼津文化センターです。
誰のかと言うと、吹越満さんのお芝居で、タイトルが『吹越満ソロライブ「タイトル未定」』って言うんです。

なんだか吹越さんらしい感じです。刑事やサラリーマンのみならず、ひとクセありそうな役まで何でもこなせる個性たっぷりの小柄な俳優さんっていうくらいのイメージだったのですが、今日はどんなお芝居をみせてくれるのでしょうか?何しろタイトルが未定なのですから、全くわからないんです。

舞台に現れた吹越さんは、タイトルはお客さんに決めてもらうとのことで、お客さんを指名していきます。お客さんから出た意見は「春」でした。さかんに首をかしげ、納得できない吹越さんは別の人を指名。その人の好きな食べ物をタイトルにしようとするのだけど、これが多少ウケ狙いをしたのか「納豆」でした。・・・保留にしてまた次の人を指名したら「まぐろ」と答えました。う〜ん焼津らしい意見!これに決定しました。

お芝居が始まってからはもちろんタイトル「まぐろ」とは関係ない笑わせ通しのひとり舞台です。

吹越さんの創造力?想像力?は素晴らしい!例えばそこに靴が片方だけ倒された状態で置かれているだけで、様々な想像ができ、ストーリーを作り出すんです。いくつもやってはブーッ!っとブザーの音で却下され、またすぐ次のストーリーを演じるのだけど、そうくるか!と予測できない事ばかりで何だかくやしい!結局ピンポン〜!をもらったのは、酔って遅く帰った罪悪感から、お土産を買ってきたのに、なぜかお土産が靴になっちゃった!というストーリー。場内は大爆笑(^O^)

他にもある有名な映画のタイトルの一文字無くなっただけで、全く違う映画になるというテーマでちょっとしたストーリーを作ってしまう。例えば、「ボクサー」という映画のタイトルの前で、シャドーボクシングをしていた吹越さん。すると、ボクサーと言う文字から“ク”というが消え、ただホントにステージの上でボサーっと立っている・・・とか。
うーん!私のこの説明じゃ面白さが伝わらなくて残念です。後半には下ネタとかもありましたが・・・ちょっとここには載せられません(^_^;)けど、どの内容も吹越さんの素朴さや自然体でほっこりさせる雰囲気が充分伝わってきました。

また?と思われるかもしれませんが、大ファンになっちゃった♪

最後の方のネタではさりげなくタイトル「まぐろ」をネタにしてくれて、あっという間にお芝居は終了。
当然のように沸き起こるアンコールに応えてくれた吹越さんは、今回作ったネタの中でボツにされたというボツネタを披露してくれました。ボツの割には長くて笑いどころだらけ!ラッキー♪アンコールしてよかったです!

帰りのロビーには、TシャツやDVDなどのグッズが売られ、たくさんの人が群がっていました。
出口に向かう人達は口々に“おもしろかった!”“イメージ変わった♪”“期待以上!また来ないかなぁ”などとハイテンションのままで帰っていきます。
なぜか私も嬉しいな。

そして、嬉しかったことがもうひとつ。ふと寄りかかった壁のポスターを見ると・・・『吹越満ソロライブ「タイトルまぐろ」』になっていたのです。
素敵すぎるぅ(●^o^●)
思わずため息が出てどっと力が抜けちゃいました。

吹越満さま!あなたは素敵にすごい人です。

このポスターのさりげない気配り、何人の人が気付いたかなぁ?
だってあと数分で取り外されるポスターなのに。
ロビーの片隅のたった一枚のこのポスター、ほとんどの人が素通りして行く中で私は気付くことができてすごく嬉しいし、ラッキーだなo(^-^)oって思っちゃいました。
タイトルをつけてくれたお客さん、気付いてくれてたらいいな。

また来てくれますように♪と待ちきれない気分です。
ツアーはもう終わったようです。
また吹越さんが舞台をやる時は是非!おススメです☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

行ってきました〜♪

行ってきました〜♪
行ってきました〜♪
行ってきました〜♪

今年初めてのお芝居、
柄本明さんのひとり芝居
〔煙草の害について〕
行ってきちゃいました。

柄本さんはもちろん地方に住む私なんぞ簡単に会える訳がなく、テレビやCM、映画で何回かみた位。

チラシを見てなぜか凄くみたい!という衝動にかられ、内容もろくに確認せず、あまり柄本さんを知らない友人を誘って発売日当日にコンビニへ。最前列をゲットしました。

舞台は煙草の害について講演をしようとする柄本さん扮する男性が、あることから話が脱線し続けてしまうお話です。もう始まってからは笑い通し!たった一時間でしたが終わったらぐったりでした。

まだツアー中のようなので、内容を詳しく説明するのは避けますが、たった一時間で大ファンになったのは言うまでもなく、本も買ってサインと握手までしてしまいました。
写真は私の買った本にサインしている柄本さんです。
今はその本を読んでいるのですが…う〜ん!突然ファンになった私にはなかなか柄本さんという人が掴めないのです。

もしもみなさんの町に柄本さんがやってきたら、是非行ってみてください。
おススメです☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)